イベント

NOW LOADING ...

たいまつ焼き

江戸時代から300年以上続いている小正月行事で、五穀豊穣と無病息災を祈るものです。以前は、旧暦の1月15日行われていました。

場 所 : 上醍醐地区 他

百万遍念仏講

200年以上前から行われている行事で、タラの木で作った長さ約10mの数珠を念仏を唱えながらまわし、地区の一年間の無病息災を祈ります。

場 所 : 横手市山内南郷三ツ屋地区

二井山裸参り

山伏信仰の修験道場として400年以上前から続けられている奇習、伝統行事です。雪が降り積もり凍てつくような寒さの中、腰にしめ縄を巻き手には百匁ローソクを持ち、参道の雪を踏みしめてきた裸の男たちが水垢離を取って無病息災を祈願します。

場 所 : 二井山湯殿山神社

三助稲荷神社梵天

三助稲荷神社は永禄年間、越後の落人高田甚右エ門によって建立されました。その後、元和の初め頃に木造りの本殿が建てられ、京の伏見稲荷の分霊を移し、雄物川の船頭衆や農民の信仰を集め、梵天が奉納されるようになりました。男衆が激しくぶつかりあうことから「ケンカ梵天」の異名があります。

場 所 : 三助稲荷神社

槻の木光のファンタジー

樹齢500年以上の槻の木(つきのき:欅の木のこと)が高さ40mの巨大ツリーに変身。メルヘンな世界を演出します。

場 所 : 浅舞感恩講保育園前

ご指定の条件ではイベントが見つかりませんでした。

横手って、こんなところ

神宿る雪室のまち横手

「かまくら」は神の宿る雪室。

みなさんは、神の宿る雪室のまちをご存知でしょうか?

日本の奥座敷、東北に位置する秋田県横手市は、昔から雪とともに暮らしてきた地域で、

雪国ならではの日本文化が息づく街です。

この横手で毎年 2 月 15、16 日に開催される行事「かまくら」は、

450 年続く民族伝統行事で、最も日本の雪国文化を感じられる行事です。

雪室の中に神座を設けて「水神様」を祀り、

中で地元の子どもたちが甘酒を飲んだりお餅を焼いたりして遊ぶという、

世界でここだけの民族伝統行事が今もなお続けられています。

豊かな環境、受け継がれた食と文化、

そして心温まる出会いをご用意してお待ちしております。