赤レンガ蔵

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
  • 赤レンガ蔵

    概要

    赤レンガ蔵は県内のレンガ造りの建築物として有名な、旧秋田銀行本店(現在の赤レンガ郷土館・国重文)と同時期の建設物です。土蔵造2階建、鉄板葺、建築面積67平方m。明治18年の建築で、明治後期に改造しています。

    内容

    概要

    桁行6間、梁間3間、切妻造、鉄板葺の2階建土蔵で、後に外壁に煉瓦を積みました。創建時の棟梁は大沼冨吉。切石基礎上に立ち、軒の鉢巻は漆喰塗とし、鉢巻下端と胴蛇腹に煉瓦の歯飾りを廻しています。北面に黒漆喰塗の戸口があり、南面にも煉瓦で額縁を飾った戸口が開かれています。国登録有形文化財。

    お問い合わせ

    横手市大森地域局産業振興課
    TEL 0182-26-2117