田楽灯ろうコンクール

7月
  • 田楽灯ろうコンクール

    概要

    寛治3年(1089)後三年の合戦(役)の時、清原武衡と戦う八幡太郎義家は金沢の柵との距離を測るため、剱花山の頂上へ灯ろうをかかげ、今でいう三角測量を行ったといわれています。その故事にちなんで行われるようになった田楽灯ろうは、今や夏の夜の風物詩となっています。

    日程

    7月19日

    会場・アクセス

    お問い合わせ

    横手市大森地域課産業建設係
    TEL 0182-26-2116