旧日新館

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
  • 旧日新館
  • 旧日新館
  • 旧日新館
  • 旧日新館

    概要

    旧日新館は、明治35年(1902)小坂亀松が旧制横手中学校(現在の横手高校)の英語教師として赴任してきたアメリカ人チャールス・C・チャンプリンの住居として建てたもので、大工の棟梁は藤村初五郎と伝えられています。

    内容

    概要

    洋館にはきわめて珍しく、木肌も美しい素木(しらき)造りの簡潔な住宅です。また、すぐれたデザインの玄関バルコニーの柱頭飾り・窓の額縁・櫛型の庇など、明治期の洋風建築の特色をよく残しています。
    県内には、旧日新館以外には明治時代の木造洋風住宅はなく、全国でも外人教師・宣教師館で現存するものは、旧日新館を含めてもわずかに20棟を数えるのみです

    お問い合わせ

    横手市教育委員会教育総務部文化財保護課
    TEL 0182-32-2403