増田のまちなみと内蔵

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
  • 増田のまちなみと内蔵
  • 増田のまちなみと内蔵
  • 増田のまちなみと内蔵
  • 増田のまちなみと内蔵
  • 増田のまちなみと内蔵

    概要

    横手市増田町は、横手盆地の南東部に位置し、雄物川支流の成瀬川と皆瀬川の合流点に立地し、増田は物資の集散地としてたいへん賑わいました。

    増田の商人は共同で増田銀行(現在の北都銀行の前身)を創設させたほか、増田水力電気会社(発電)や増田製陶会社(陶器)、長坂商店(味噌醤油)などの会社も設立され商業はさらに活発化しました。

    その舞台となったのが現在の中町、七日町商店街通り(中七日通り)です。当時の繁栄を今に伝える伝統的な町並みや内蔵が多く残り、平成25年12月27日には文化的な価値も非常に高いとの評価を受け、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

    まちなみ景観と建築様式や技術を維持しながら後世へ継承していく取り組みが行われています。

    会場・アクセス

    お問い合わせ

    一般社団法人 増田町観光協会
    TEL 0182-45-5541