三又わらび園

5月6月7月
  • 三又わらび園
  • 三又わらび園
  • 三又わらび園
  • 三又わらび園
  • 三又わらび園
  • 三又わらび園

    概要

    奥羽山脈と出羽丘陵に抱かれる横手は「山菜王国」。横手市の中でも山側に位置する横手市山内ではわらび採りを楽しんでもらおうと、わらび園が2件ある。
    その中の1件、三又わらび園さんにお邪魔することにした。

    日程

    期間:5月中旬~7月下旬 毎週水曜日と日曜日(要予約)
    午前10時~12時

    内容

    わらび採り

    事前に予約をして日時を決め、いざわらび採りへ。秋田自動車道横手ICから約40分、横手市山内三又へと車を走らせる。事前にお話しで聞いていた通りわらび園の旗がちらほらと。道沿いに看板が立っておりそちらの方向へ。指示された方向に向かうと軽トラの横に立つわらび園の主人、石沢さんと会う事ができた。ここから石沢さんの軽トラに先導される事約10分、木々の間の道路を行くと開けた所にたどりつく。

    わらび採り

    いざ、実践

    標高約300mの山中に2ヘクタール(約6000坪)もの広さのわらび園。三又営農生産組合さんが観光用に、草刈りや火入れをしているとのこと。元々は牧草地で耕作放棄地となった後わらびが生えてきたこともあり、土地の再利用の為にわらび園にしたそうだ。5月の初めに焼畑をしてわらびが出てくるのが10日~14日位のち。石沢さんからわらび取りの手ほどきを受けいざ実践へ。一度焼畑をしている為わらびが採り易い。話しを聞くと、一人で7~8kg位採っていかれる方もいるそうだ。その後夢中でわらび採りをしていたらすぐに2時間が経過。

    いざ、実践

    家族連れにもオススメ

    最後にわらびの灰汁抜きの仕方を聞き、わらび採りは終了。わらびは持ち帰り家で灰汁抜きをするが、料金別でお願いをすれば灰汁抜きをしてもらい家に送ってもらえることもできる。    
    子どもでも簡単に採れるので家族連れにもオススメだ。周りが木々で囲まれており、空気がおいしく心もリフレッシュできた。帰り道には温泉もあるので汗を流していくのもいいかもしれない。
    山内のわらびはとっても粘りがあって美味しいので、皆さんもぜひ行ってみてはいかがだろうか。

    家族連れにもオススメ

    料金・費用

    入園料1500円(時間制限等あり。予約時要確認)

    ご予約

    毎週水曜日と日曜日(要予約)

    お問い合わせ

    問い合わせ先:三又営農生産組合 組合長 石沢 英夫
    電話:0182-53-5128
    携帯:090‐7524‐8247