特集企画

今が"旬"な体験をご紹介いたします

01

株式会社小松木工

伝統の組子細工でコースター製作ができます

釘を使わず木を組み付ける技法でコースターを作ります。日本の伝統技術である「組子細工」を身近に体験でき、木のぬくもりを感じながら仕上げていきます。

02

浅舞婦人会絞りクラブ
会長 佐野 洋子

伝統技術藍染め体験ができます

伝統技術の浅舞絞りでハンカチの藍染体験ができます。浅舞絞りは江戸時代後期に発達した絞り染めの技法です。藍色一色による濃淡で表現される美しさ、模様が特徴的で1つとして同じものはありません。

03

プリティアップル
代表 佐々木 初子

ふるさとをまとう心あたたかい草木染め体験ができます

増田地域の特産であるりんごを使った染め体験です。
りんごの枝、葉、実を使用してピンク、オレンジ、黄色、グレーなど様々な風合いで人の心を惹きつける自分だけのコースター、ハンカチ、ストールなどを作ってみませんか。

04

本間 功

十文字こけしの絵付け体験

秋田県南のこけし文化の説明と十文字こけしの絵付け体験を実施しています。十文字こけしは胴が細く、頭はらっきょうのような形であでやかな着物を着ており、頭と胴が一本の木から作られているのが大きな特徴です。

05

泉田 友美

自分の手で愛着のわくアクセサリー制作体験ができます

横手市の伝統工芸品である横手縞を使用して木枠で落ち着いた雰囲気のブローチを手作りを実施します。横手縞の特徴である縞模様の入り方でオリジナルの作品をお作りいただけます。

06

泉川 祐子

手漉き和紙で可憐な花づくりができます

横手市十文字地域の伝統工芸「十文字和紙」を使ったバラの花づくり体験を実施しています。十文字和紙を手もみで柔らかくし花びらや葉の形に切って組み立てていきます。長く楽しめる花ができます。

07

田畑 晃子

横手が紡いできた織物文化をご紹介します

横手の伝統工芸である横手木綿の織物「横手縞」の説明と商品紹介を行います。横手市は江戸時代の初めから昭和の初めまで、綿織物の一大産地でした。その中で横手の風土や日々の生活の中で横手人が持ち合わせた美意識のなかで育まれ生み出したのが「横手縞」。現存する生地見本は現在20パターン以上。一つ一つ糸染めから始め、全て一人で手作業で丁寧に織り上げていきます。